• Home
  • 「ダニサル」はこんなシーンで活躍します:ダニサル活用術

「ダニサル」はこんなシーンで活躍します

ダニサル活用術

ダニ対策のいろいろ。 ダニサルを使う場所のキーワードは、暗くて湿気のあるところ、ホコリや食べ物のカスなどがたまりやすいところ。たとえば、こんなところがおすすめです。

お部屋のダニ対策

フローリングの上や畳の上のカーペット、掃除機をかければ安心?

カーペットはダニの温床。表面だけを掃除しても、毛の根元近くの奥深くにダニが潜んでいます。ダニサル除湿シートをカーペットの下に敷いておけば、奥に潜んだダニにも有効に作用して、ダニの繁殖をしっかりと防ぎます。

よくお菓子の食べこぼしが落ちているけど、ソファのダニは大丈夫?

暗くて汗がしみこみやすい場所は要注意。ソファマットの中や下に、ダニサル除湿シートを入れておけば、ダニの繁殖をしっかりと防ぎます。ソファに置いたクッションの中にもダニサル除湿シートを入れておけば、もっと安心。

お気に入りのぬいぐるみ、いつも子どもが抱いて眠っているけれど?

洗ったり、日に干したり、いつものダニ対策に加えて、ダニサル除湿シートをプラス。ぬいぐるみの中や下に、ダニサル除湿シートを入れておけば安心です。

ダニのエサになるものが多くて湿気が多い、キッチンまわりも心配?

湿気の多いキッチンまわりも、キッチンマットの下にダニサル除湿シートを敷くだけで、ダニの繁殖をしっかりと防ぎます。

布団のダニ対策

日に干して、掃除機もかけているから、わが家の布団はダニの心配なし?

日常のケアだけでは、布団の中にまで潜りこんだダニの駆除は難しいものです。そんなとき、ダニサルベッドパッドが活躍。敷布団やマットレスの上にダニサルベッドパッドを敷き、その上にシーツをかけて使用するだけで、ダニの繁殖をしっかりと防ぎます。

小さなお子さんのダニアレルギーが心配。

ダニサル除湿シートをベッドのサイズにあわせてカットして、布団の下に敷いて置くだけで、ダニの繁殖を防ぎます。安全性の高い製品なので、小さなお子さんの肌に触れても安心です。

ペットのダニ対策

ペットベッドにも使えるの?

ダニサル除湿シートをペットベッドのサイズにあわせてカットして、クッションの下に敷くか、クッションにジッパーがある場合は、中に入れてご使用ください。
ダニサルは無臭ですのでペットに最適。

ペットケージにも使えるの?

ダニサル除湿シートをペットケージのサイズにあわせてカットして、ケージの一番下に敷き、その上にカーペットや新聞紙などを重ねて敷いてご使用ください。

このページのトップへ戻る